名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

疾患について DISEASE

2020.05.19 うつ病

その⑪ コロナ疲れ・コロナうつ 予防のために

目次
・コロナストレス、コロナうつ、コロナ疲れ、コロナ不眠。体内時計の乱れに注意!(その①)
・心の病気は体内時計や生活リズムと関係が深い(その②)
・まず行動を少しだけ変えてみよう(その③)
・やる気が出ないときは、少し工夫してみよう
やる気が出る仕組みを利用しよう(その④)
“まず5分”行動するために、小ネタを見つけよう(その⑤)
小ネタで大切なことは、数・しょぼさ・盛り込み(その⑥)
小ネタを探すコツ(その⑦)
やり始めの大変さを乗り切るコツ(その⑧)
・家族のストレスとコミュニケーション
伝え方を工夫しよう~OKワードとNGワード~(その⑨)
コミュニケーションの3つのパターン(その⑩)
相手も自分も大切にする伝え方(その⑪)
・新型コロナウイルス(COVID-19)の流行下の、こころの健康維持の11個のコツ(日本うつ病学会より引用)(その⑫)

先が見えない生活に疲れているときは、家族とのコミュニケーションを工夫しましょう!

前回は、よくあるコミュニケーションのパターンとして、①おこりパターン、②ひるみパターン、③いやみパターンの3つのパターンを紹介しました。これらは、前々回のブログでもお伝えした「NGワード」になってしまいやすいコミュニケーションになります。
さて、今回は、この3つのパターンのどれにもあてはまらない、「自分も相手も大切にしつつ自己表現をする=アサーティブな伝え方(アサーション)」について紹介します。

アサーティブな伝え方(アサーション)とは?

「アサーティブな伝え方(アサーション)」は、どちらかが一方的に我慢したり不快になったりすることない、さわやかな伝え方です。

・自分のことも相手のことも大切にする。
・その場にあったふさわしい方法で自信をもって表現する。
・相手もすがすがしい印象を受ける。
・率直に素直に話されることで相手も納得しやすい。

例えば、「いっつもドア開けっぱなしじゃない!ちゃんと閉めてよ!」と、つい言ってしまいそうな家族への一言。
これだとおこりパターンで、NGワードになってしまいます。相手を責めて、イライラもぶつけているコミュニケーションです。言われた方も「いつもじゃないし!」とか、「うるさいな、ドアぐらいで!」とイライラして、険悪な雰囲気になりがちです。アサーティブな伝え方なら、「ドア閉めてもらえると助かるよ」と伝えたいことを率直に言葉で伝えます。

ここで大切なのは、行動にも注意することです。例えば、言葉では「ドア閉めてくれると助かるよ」と言っていても、荷物をドサッと乱暴に置くという行動をとるのは、いやみパターンといえます。このような伝え方では、相手は嫌な雰囲気を感じ取り、ギスギスしたコミュニケーションが生じます。

ご自身の普段の家族とのコミュニケーションではどのパターンがよく登場しているでしょうか?最近、おこりパターンやいやみパターンが出てきやすいという方は、身近な家族に対しても、アサーティブなコミュニケーションを取り入れてみてはいかがでしょうか。
新型コロナウイルスによる自粛生活が続き、家族みんながそれぞれストレスを感じやすい状況の中、身近で長い時間を共にする家族だからこそ、自分も相手も大切にしたことばを意識するだけで、家の中の雰囲気が変わってきます。
アサーティブなコミュニケーション、ちょっと意識して生活してみてください。

(まとめ)

• おこりパターン、ひるみパターン、いやみパターンの3つのパターンにあてはまらない、「自分も相手も大切にしつつ自己表現をする=アサーティブな伝え方(アサーション)」があります。
• 「アサーティブな伝え方(アサーション)」は、どちらかが一方的に我慢したり不快になったりすることない、さわやかな伝え方です。
• アサーティブなコミュニケーションは、行動にも注意が必要です。
• 身近で長い時間を共にする家族だからこそ、自分も相手も大切にした言葉を意識するだけで、家の中の雰囲気が変わってきます。

次回は、医学的根拠に基づいた規則的な日常生活を送るために役立つ、誰でもすぐはじめられる簡単なポイントを11個ご紹介します。