名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

疾患について DISEASE

2020.05.29 社交不安障害

社交不安障害・社会不安障害・あがり症② 社交不安障害・社会不安障害・あがり症とは

社交不安障害・社会不安障害・あがり症② 社交不安障害・社会不安障害・あがり症とは

目次

社交不安障害・社会不安障害・あがり症の症状
社交不安障害・社会不安障害・あがり症の悪循環
まとめ

社交不安障害(社会不安障害・あがり症)の症状

社交不安障害の症状はさまざまです。例えば、大勢の人の前で話すことが不安、人前でどもってしまうのが不安、人前で字を書くのが不安、雑談が不安、などがあります。症状はさまざまですが、共通するのは、「人からどう思われるかということが過剰に気になってしまう病気」であるということです。

もちろん、気にしたくて気にしているわけではないのですが、人と関わるような場面で、緊張や不安、恐怖感がコントロールできず、「逃げてしまいたい」という気持ちも強くなり、時に、学校や仕事に行きたくなくなって休んでしまうなど、苦手な場面を避けてしまうことがあります。そして、そんな自分を責めてしまったり、周りから理解してもらえずに落ち込んだりして、ますます悪循環となってしまいます。

社会不安障害のさまざまな不安と恐怖

社交不安障害の症状は、人と接する機会が増えたり、人前で発表する機会が増えたり、新しい人間関係を構築していく時に、特に強くなる場合があります。ですので、進学や就職、転職、昇進、人事異動など、変化の多い時期には要注意です。
社交不安障害は、ただ場数をこなせば慣れて、緊張や不安が下がっていくというようなものではありません。ただし、治療を受けることで、随分不安が軽減されていきます。

社交不安障害・社会不安障害・あがり症の悪循環

次の図は、社交不安障害の悪循環を示したものです。

社交不安障害では、苦手な対人場面に直面した時に、恥をかいたり失敗するイメージが勝手に浮かんできて、それを周りの人から「変な人」「ダメなやつ」などと否定的に評価されるのではないかと不安になります。

特に、自分の体や自分のふるまいばかりに注意が向いてしまう症状(「自己注目」と言います)や、不安を下げるためにするさまざまな行動(「安全保障行動」や「回避」と言います)は、社交不安障害に特徴的なものがあり、これらによって悪循環となってしまいます。
このように、社交不安障害では悪循環が生じるため、「場数を踏めば慣れる」ということが無く、症状が続いたり、ひどくなってしまうのです。

社交不安障害の治療には、薬物療法に加え、認知行動療法が効果的です。治療については、また別のブログで詳しくお伝えしたいと思います。

まとめ

社交不安障害・社会不安障害・あがり症の症状はさまざまですが、共通するのは、「人からどう思われるかということが過剰に気になってしまう病気」であるということです。

社交不安障害の方は、苦手な対人場面に直面すると、恥をかいたり失敗するイメージが勝手に浮かんできて、それを周りの人から「変な人」「ダメなやつ」などと否定的に評価されるのではないかと不安になり、「自己注目」や、「安全保障行動」、「回避」によって悪循環となってしまいます。この悪循環から抜け出すために、薬物療法に加え、認知行動療法が効果的です。

★おまけ★

社交不安障害・社会不安障害・あがり症の有名人
・英国王ジョージ6世

幼少の頃から吃音症を患っていました。 しかし、吃音は、社会的な行事や社交場に限られており、1人では話すときや録音するときは、流暢に話します。兄にからかわれることもあったようです。 第2次大戦の時に、ヒットラーに屈せず、英国王として国民や世界の人を鼓舞する演説する必要に迫られました。 オーストラリア人セラピストの治療・呼吸法の訓練をうけ、ほとんどつかえることなしに話すことができるようになりました。

イギリスの 女性児童文学作家 J.K.ローリング

小学校のとき、厳しい学校への転校をきっかけに、対人緊張・恐怖感などの症状が出始めます。中学時代にはクラスの前でのスピーチで緊張し「吐いてしまったらどうしよう」と思ったら急に気持ちが悪くなり皆の前で吐いてしまうようになったようです。
また、離婚により、一時はうつ状態になり数ヶ月間の治療を受けています。