名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

症状別のよくある質問 DISEASE FAQ

アルコール依存症

ALCOHOL DEPENDENCE SYNDROME

いきなり酒を止めるのは無理な気がするのですが、どうしたら良いでしょうか?

病気の特徴としては、お酒を飲む量、飲む時間、飲む状況のコントロールができない病気なので、飲みたい気持ちがガマンできなくなり、飲んでしまいます。従来のアルコール依存症治療の考え方だと、目標は断酒でした。アルコール依存症は、少しでも飲めば逆戻りとなってしまうからです。

ですが、そう言っているとトコトン悪くなってからでないと治療開始にならず、タイミングが遅れてしまい、その時には、アルコール依存症が進んでしまっていて、健康や仕事、家族などを失ってしまうこともあります。

少しでも飲酒量を減らして、アルコールに関する問題を軽くし、断酒する前の中間目標として飲酒量を低減させるハームリダクション(減酒治療)という考え方です。

減酒治療(飲酒量低減治療)薬という選択肢もありです。セリンクロやレグテクトなどの薬を使います。ただし、この方法は、すべてのアルコール依存症の患者に行える治療ではないため、詳しくは、主治医にご相談ください。