名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

症状別のよくある質問 DISEASE FAQ

アルコール依存症

ALCOHOL DEPENDENCE SYNDROME

断酒をしなくても、節酒で治療はできますか?

治療としては、脳の構造上、少しでも飲めば逆戻りとなってしまうので、断酒して断酒を継続することがアルコール依存症治療の目標です。

しかし、これだと、5%、ひょっとして1~2%の患者様しか、確実にアルコール依存症治療や自助グループにつながっていないかもしれません。95%以上の患者さんは、医療からも離れてしまうので、少しでも飲酒量を減らしてアルコールに関する問題を減らし、断酒する前の中間目標として飲酒量を低減させる減酒薬(飲酒量低減治療薬セリンクロ)という選択肢もあります。ただし、この薬は、すべてのアルコール依存症の患者に行える治療ではないため、詳しくは、主治医にご相談ください。

関連する情報

監修

加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長/名古屋市立大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医
所属学会 / 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本嗜癖行動学会理事、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
クリニック/名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。