名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

症状別のよくある質問 DISEASE FAQ

女性のうつ病

FEMALE DEPRESSION

女性のうつ病が、多いのは、なぜでしょうか?

・女性の社会的な役割や立場が複雑

・うつ病の発症のきっかけが、同時に複雑に重なり、負荷が大きくなる。

・ストレス対処の仕方

・女性ホルモンの変化 初潮、PMDD、PMS、出産、周産期、更年期障害、閉経期

・人間関係がストレスになりやすい(人間関係がスキーマの核心、愛情ドメイン)

人間関係で傷つくダメージが大きいが、癒やされるのも人間関係。

特に家族。夫婦、親子。コミュニケーション アサーションが有効。

・他の精神科の病気と合併しやすい。

パニック障害、社交不安障害(あがり症)、全般性不安障害、特に双極性障害2型(躁うつ病)、新型うつ病、気分変調性障害、非定型うつ病、摂食障害、ADHDなどが多い。

関連する情報

監修

加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長/名古屋市立大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医
所属学会 / 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本嗜癖行動学会理事、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
クリニック/名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。