名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

症状別のよくある質問 DISEASE FAQ

女性のうつ病

FEMALE DEPRESSION

女性は「新型うつ病」が多いのですか?

薬がよく効くうつ病を従来型の急性のうつ病とするなら、慢性的な経過を辿る「新型うつ病」「慢性うつ病」は女性に多いのかもしれません。気分変調性障害や非定型うつ病、双極性障害2型、ADHDなどの心の病気は、男性より女性の方が多いとされています。過度な心配をされず、仮に「新型うつ病」だとしたら、気づき、その治療をすれば良いし、困りごとを整理し、役立つ様々なプログラムを受けて身につければ良いです。もともと、身近な人との人間関係を大切にされるので、良くも悪くも影響が大きいと考えられます。治療では、対人関係に焦点を当てて進めることもあります。

関連する情報

監修

加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長/名古屋市立大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医
所属学会 / 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本嗜癖行動学会理事、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
クリニック/名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。