名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

症状別のよくある質問 DISEASE FAQ

新型うつ病

NEW TYPE DEPRESSION

新型うつ病には、どんな病気が含まれていますか?

以前は、メランコリー型うつ病だけがうつ病と考えられ、うつ病の薬の効果が高く治りやすい。しかし、うつ病の中で、近年、うつ病の薬を服用するだけでは、中々、治らないうつ病に注目され、治療が進みました。どうも新型うつ病は、同じうつ状態になっても、メランコリー型うつ病とは違う他のいろんな病気の集まりです。4つくらいのパターンがあるようです。

1つめは、気分変調性障害、非定型うつ病などの従来のうつ病とは違うタイプのうつ病です。同じ気分障害のうつ状態には含まれているけれども、慢性に経過して、うつ病の薬が効きにくいタイプです。

2つめは、不安障害などが強いタイプです。全般性不安障害、社交不安障害、社会不安障害など不安障害から起きてくるうつ病もあります。

3つめは、躁うつ病(双極性障害)のうつ状態です。躁うつ病は、2/3はうつ病で発症します。躁状態は短くて、うつ状態が長く、1/3から1/2の期間をうつ状態で過ごします。うつ病で始まり12年間経過を見たとすれば、たまに短い期間躁状態があり、4~6年間はうつ状態です。つまり、本当はうつ病(単極性大うつ病)でないけれど、うつ状態で悩み、うつ病に見える。後で躁症状が出現して、初めて躁うつ病、双極性障害と判明するタイプです。

4つめは、ADHDなどの発達障害などが併存しているタイプです。大人のADHDは、うつ病や不安障害の併存が少なくないので、うつ病の奥に隠れていることがあります。これらは、うつ病の薬の効果が、典型的なうつ病(メランコリー型うつ病)より低く、慢性的なうつ病が続くので、うつ病の薬だけでなく、それぞれに特化した対応策と診断、治療計画が必要です。

関連する情報

監修

加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長/名古屋市立大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医
所属学会 / 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本嗜癖行動学会理事、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
クリニック/名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。