名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「治療法について」ページ

治療法について TREATMENT

2016.07.09 認知行動療法

愛知学術講演会で院長が座長をつとめました(H26)

愛知学術講演会で院長が座長をつとめました

 平成26年7月29日(火) 愛知学術講演会

「アクセプタンス&コミットメントセラピー(第三世代認知行動療法)」

 座長
名古屋市立大学大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野
助教 小川成先生
 演者
名古屋市立大学大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野
伊井俊貴先生

 「うつの慢性化を防止する“考え込み”焦点化認知行動療法 ―日常臨床で活用できる行動活性化の方法として―」

 座長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
院長 加藤正
 演者
東京大学大学院教育学研究科 臨床心理学コース
主任教授 下山晴彦先生

20140729_講演会

伊井先生の講演では、新しい認知行動療法であるアクセプタンス&コミットメントセラピーについて、伊井先生自身の取り組みを中心に解説をしていただきました。

下山先生の講演では、「考え込み」という言葉をキーワードにお話をいただきました。下山先生は、「考え込み」を「自己に対する否定的評価の反復」と定義し、うつ病の維持に繋がる要因の1つであるとお話いただきました。

これは、考え込むことそのものが悪いのではなく、「なぜ(why)そうなってしまったのか」と抽象的な原因探しになってしまうことで、苦悩の悪循環に入ってしまうことが問題であるとのことでした。

これを、考え込みをやめるのではなく、「どのように(how)してこうなったのか」と具体的に考えることで、悪循環にならず、建設的に考えることができるとのことでした。このための手段を、具体的に解説していただきました。

これまでの臨床に加えていく新しい視点として、大変刺激的な内容でした。今後の臨床に活かしていきたいと存じます。

関連する情報

監修

加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長/名古屋市立大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医
所属学会 / 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本嗜癖行動学会理事、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
クリニック/名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。