名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「治療法について」ページ

治療法について TREATMENT

2016.07.10 マインドフルネス

土曜セミナー「 グルグル考え込む癖から抜け出そう」

土曜セミナー5月28日は「グルグル考え込む癖から抜け出そう」を開催しました。

 

2つの考え込みについて

「考え込む」という事はどういう事なのでしょうか。
20160528_考え込み

・問題解決へ向かう「善玉」の考え込み
(例:仕事でミスをしてしまった。
ミスを防ぐにはどうすればいいのか考えよう)

・うつや反すうへつながる「悪玉」の考え込み
(例:仕事でミスをしてしまった…
なんでいつもこうなのかなぁ…
私はダメな人間だなぁ…)

考え込むということは上のように2種類に分けられます。
考え込みについての講演の記事

 

反すうってなんだろう

「夜、いろいろ考えていると眠れない」「いろいろ考えちゃって家事が手につかない」など、ネガティブな事をくり返し考え込んでしまうことを
反すう」といいます。
うつや不安になるとこの「反すう」がよくおこるため

  • 過剰に心配してしまう20160528_考え込み1
  • 過剰に分析し考えてしまう
  • 心の中で何度も考え直していまう
  • 長時間同じ問題に気をもんでしまう

という状態になり「考え込み」によってうつや不安をさらに強くしてしまうことがあります。

 

考え込む癖から抜け出すには

今回のセミナーでは、グルグル考え込むクセからぬけだすため、右記の5つのポイントを紹介し「考えごと」の理解と対処についてお話ししました。

20160528_考え込み2

考えること自体は悪いことではありません

私たちの日常生活には、困難なことや心配なことがたくさんあります。
それについて“考える”こと自体が悪いことではありません。

ときにはいろいろ考え込むこともあってよいのです。

20160528_考え込み3

適度に考えながら、日常の生活を充実したものにつなげていきましょう。

*当院のセミナーおよびプログラム参加には、医師の診察と判断が必要です。あらかじめご了承ください。

 

関連する情報

監修

加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長/名古屋市立大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医
所属学会 / 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本嗜癖行動学会理事、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
クリニック/名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。