あらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

2013.05.22 認知症

認知症の家族教室にて、講演をしました

昨日、瑞穂区西部いきいき支援センター(地域包括支援センター)にて、名古屋市の「認知症高齢者を介護する家族支援事業」の「認知症家族教室」が開催され、第2回目の教室として「認知症を正しく理解しよう」のテーマのもと、当院院長の加藤が講師として、認知症ご家族の方々とお話しさせていただく機会をいただきました。

 

今回、参加させていただくなかで、「楽しかった」「うれしかった」といった感情に焦点を合わせる事をベースに介護をすすめていくことの大切さ、そして認知症の方を介護するご家族のサポートが今以上に必要になってくることを痛感するとともに、地域と連携しながらご本人、ご家族の思いに沿った支援とは何なのかをあらためて考えさせられる一日となりました。

 

関連する情報

監修

加藤 正
加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
【出身校】名古屋市立大学医学部卒業
【保有資格】精神保健指定医/日本精神神経学会 専門医/日本精神神経学会 指導医/認知症サポート医
【所属】日本精神神経学会/日本うつ病学会/日本嗜癖行動学会理事/瑞穂区東部・西部いきいきセンター
【経歴】厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。2015年より瑞穂区東部・西部いきいきセンターに参加し、認知症初期支援集中チームで老人、高齢者のメンタル問題に対し活動を行っている。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
【当院について】名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。