名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

症状別のよくある質問 DISEASE FAQ

睡眠障害・不眠症

INSOMNIA

睡眠薬をアルコールと一緒に飲んではいけないのはなぜですか?

アルコールとベンゾジアゼピン系睡眠薬の併用はいけません。記憶障害、呼吸抑制、翌日の眠気、ふらつきなどが起こるとされています。

 アルコールの分解とベンゾジアゼピン系睡眠薬の分解が同じところで、同じ酵素によって行われるため、一緒に飲むとそれぞれの分解が遅くなり、両方の作用が強まってしまうために起こります。

 繰り返しますが、アルコールとの併用は避けていただきますようお願いします。

 加えて、睡眠薬代わりにアルコールを摂取される方もいらっしゃいますが、お勧めできません。アルコールは睡眠の前半にはリラックス作用がありますが、睡眠の後半には覚醒作用を有し、トータルでは睡眠の質が低下するためです。長期的に摂取することで、眠りの質の低下が固定され、断酒後も半年~1年続くとされています。

 睡眠薬のほうが、効果的で安全で耐性の出現も少ないことは、知っておいていただきたいことです。

関連する情報

監修

加藤 正医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長
医療法人和心会 あらたまこころのクリニック 院長/名古屋市立大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医
所属学会 / 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本嗜癖行動学会理事、厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー(指導者)の経験あり。日本うつ病学会より「うつ病の薬の適正使用」のテーマで2019年度下田光造賞を受賞。
クリニック/名古屋市からアルコール依存症専門医療機関、日本精神神経学会から専門医のための研修施設などに指定されている。