名古屋市瑞穂区の心療内科ならあらたまこころのクリニック「症状別のよくある質問」ページ

症状別のよくある質問 DISEASE FAQ

適応障害

ADJUSTMENT DISORDER

適応障害はどのように回復していきますか?

適応障害はまずは、ストレスの対象から離れて調子を整えることが大切です。十分な睡眠とバランスの取れた食事、適度な活動で、生活リズムを整えていきます。また、適応障害を発症する人は、発症に至る行動のパターンや考え方・物のとらえ方の傾向が認められることが多くあります。そのため、調子が戻ってきたところで、その人自身の課題に取り組むことで、生活や仕事に復帰した時に乗り越えていく力をつけていくことが、適応障害を繰り返さない回復の道のりです。休職などでストレスの対象から離れたり、服薬を開始したりすることで楽になったからもう大丈夫と、治療をやめてしまわない事をおすすめします。大切なのは、ストレスを乗り越える力を身に着ける取り組みをしっかり行うことです。