名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

11月, 2019年

アルコール依存症のお薬
「セリンクロ」の勉強会を行いました

カテゴリー: アルコール依存症 | 投稿日: 2019-11-20

11月11日(月)、当院で、アルコール依存症のお薬:飲酒量低減薬「セリンクロ」について勉強会がありました。

⦁ アルコール依存症とは

アルコール依存症とは、習慣的な多量飲酒により脳が障害され、自分の意思ではお酒の飲む量、飲む時間、飲む状況といった「飲み方」をコントロールできなくなる病気のことです。病気が進行すると、毎日の生活は、飲酒中心となりやがて身体、社会、精神的な問題を併発しながら徐々に悪化していきます。
しかし、飲酒をコントロールできないのは、「意思が弱いから」や「だらしない性格」なのでなく、依存症という「病気」の症状です。

⦁ アルコール依存症の治療

アルコール依存症の治療目標としては、「断酒」が基本です。しかし、長年飲酒を続けてきた生活パターンを一人で変えていくことはとても困難です。同じ問題を抱えて通院している仲間とともに、専門的な治療を受け、断酒生活に取り組んでいくことが大事になってきます、
当院では、アルコール依存症の方に、薬物療法、デイケア、グループ療法を通して回復のサポートを行っています。

薬物療法 アルコールの分解が抑えられ、少量の飲酒でも悪酔いの状態になる薬(抗酒剤)などを用いて、断酒のサポートをします。
デイケア 同じ病気をもつ仲間と共に生活をすることにより、日常生活能力の向上や社会復帰を目指します。
グループ療法 アルコール依存症を正しく理解し、再飲酒を予防するための治療教育や、自らの体験を語り仲間の体験を聞くことで今までのアルコールの問題を振り返るグループミーティングを行います。その中で、自分が今後どのようなアルコール無しの生活をつくっていくかを考えます。また、自助グループの方(断酒会、AA)の方に来ていただき、体験談等を語っていただきます。
SMARPP アルコール依存症のための認知行動療法のプログラムです。ワークブックを用いながらアルコールの問題について仲間と意見を交換しながら理解を深めていきます。学習に加え、自分自身の今までを振り返り、現在の生活について考えていきます。
内容:アルコール依存症の病気について
アルコールによって引き起こす身体症状について等

こうした治療を継続し、アルコールの問題を克服して健康な生活をされている患者さんはたくさんおられます。
ただし、中には、軽症で断酒治療には抵抗がある方や、断酒が必要でも様々な理由で断酒治療が難しい方もみえます。

⦁ アルコール依存症の新しいお薬「セリンクロ」とは

軽症で断酒治療には抵抗がある方や、断酒が必要でも様々な理由で断酒治療が難しい方が治療をすすめるための第一歩として、新たに飲酒量低減薬(セリンクロ)が治療の選択肢に加わり、2019年3月より治療薬が開始になりました。

セリンクロとは、

⦁ アルコール依存症と診断され、治療の意思のある患者さんに処方されるお薬です
⦁ 飲酒量を減らす(節酒、減酒)ためのお薬です

セリンクロは、全てのアルコール依存症の方に適応するわけでなく、治療を開始するにあたっては医師の診察による判断が必要です。また、セリンクロの副作用で、胸のむかつき(悪心)やめまいなどが見られることがあるため、飲み方について医師や薬剤師の指導を守っていただくことが大切です。

断酒による治療が必要となる方
⦁ 入院による治療が必要な方
⦁ 日常生活に支障をきたしている方
⦁ 健康状態が重篤な方
⦁ 緊急な離脱症状の治療が必要な方
セリンクロによる治療(節酒、減酒)が適している方
⦁ 仕事・家庭生活が安定している方
⦁ 身体症状や精神症状が軽度で、外来で治療が可能な方
⦁ 飲酒量低減治療への意欲のある方

やはり、アルコール依存症の治療は、「断酒」が基本ではありますが、軽症で、合併症などがない場合では、飲酒量の低減で症状が改善することがありますので、アルコールの問題が気になっている方は、是非一度、医師にご相談ください。