女性とうつ-女性特有のうつ病


心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

福祉のページ

うつ病は珍しい病気ではない

近年、うつ病の患者数は増加傾向にあります。


その背景としてはリストラなどに代表される職場の問題、結婚・家族観の変化やうつ病の社会的認知が上がったことなどが考えられます。
うつ病は決して珍しい病気ではありません。誰でもかかる可能性があるのです。


統計的には一生でうつ病にかかる人は約15人に1人の割合だということです。


女性のうつ病は男性の約2倍!!

その中でも、女性は男性よりうつ病にかかりやすいというデータがあります。

厚生労働省研究班の調査によると、女性のうつ病の有病率は、男性に比較すると約2倍程度高く、およそ8~10人にひとりがうつの経験者だと言われています。


うつ病・躁鬱病の男女年齢別の総患者数


ライフサイクルの中でのストレスが一因

女性は月経の初来、就職、結婚、出産、育児、中年期(更年期、初老期)、老年期とさまざまな時期のライフサイクルを経験します。


そのライフサイクルの中で、結婚、出産などで生活が一変したり、仕事と家事や育児・介護などとの両立など、女性ゆえに生じる様々なストレスが、うつ病の発症率を高めている原因と考えられます。


ライフイベントによる女性ホルモンの変化も原因

また、ライフイベント(思春期・妊娠・出産・更年期・閉経など)による女性ホルモン周期の急激な変化なども関係しています。


女性ホルモン(エストロゲン)の急激な変化によって、脳のバランスが崩れて、うつになりやすくなるのです。エストロゲンが急に減る産褥期(出産直後)、エストロゲンの分泌が減少する更年期に、うつ病の発症率は上がります。


女性特有のうつ病の3つ
以下が女性特有の代表的なうつ病です。
女性のライフサイクルと女性ホルモンの変化