当院の特徴


心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

当院の特徴

チーム治療

当クリニックでは、病気を「身体」と「心理」、「社会」という観点から各専門のスタッフがチームとなって治療を行っています。


身体的なアプローチとしては、医師や看護師が不眠や食欲低下、意欲の低下などの身体症状に対して医学的な治療を行っています。しかし私たちは、病気を医学的アプローチで治療するだけでは不十分なこともあると考えています。心理的アプローチや社会的アプローチを組み合わせながら治療を行っていくことが重要であると思っています。


心理的アプローチには、臨床心理士と協同して物事を悪く捉えてしまう考え方や不適応な行動、心の悩みなどを解決していくことをします。具体的には、個別面接や認知行動療法、コミュニケーションの向上プログラムなどがあります。社会的アプローチには、精神保健福祉士と一緒に生活相談や生活リズムの見直し、デイケア、自立支援医療や障害年金の申請、自助グループとの連携などを行っています。


また、臨床心理士や精神保健福祉士によるグループ療法も行っています。これらのアプローチは別々に行われるのではなく、患者様のニーズに合わせて治療を組み立てていきます。さまざまな観点から患者様をサポートできるというのが、チーム治療のメリットだと思っています。

チーム治療の内容

チーム治療のメリット

各スタッフが各専門治療を行い、組み合わせると治療効果がとても高まります。


個別面接、グループ治療、認知行動療法、デイケア、復職支援などを行い、互いに連携しています。


例えば、心理士は、個別面接や認知行動療法などを担当します。うつ病やパニック障害、強迫性障害、社会不安障害などには各種治療教育、コラム法などを行います。最近では、パニック障害には一緒に電車に乗り、強迫性障害には、一緒について簡単なエクスポージャー、社会不安障害には、ビデオ、写真、人前での発表など様々な行動療法的アプローチを行います。とても効果的です。薬物が減量、要らなくなった方もみえます。


社会不安障害には、集団認知行動療法とグループ治療などを行っています。うつ病でも、最近ではいろんなタイプがあり、薬物療法だけでは効果のないと言われる難治性うつ病、非定型うつ病、ディスチミア親和型うつ病などの場合、睡眠覚醒リズム、日常生活の活動パターンの修正、環境調節、家族関係の調整、問題解決技法などを担当します。


大規模デイケアを利用して、生活リズムを整えアサーショントレーニング、自律訓練法など各スタッフが担当します。子供さんの不登校や不安障害、うつなど種々の問題、家族の相談にも個別面接は有効です。箱庭療法の設備も用意しております。


また最近では、うつ病、特に双極性障害(うつ)の配偶者の相談にも個別面接が有効だと分かってきました。


精神保健福祉士はこれらのグループ療法や回復者の自助グループとの連携の他、行政、福祉との連携や年金申請、自立支援法などで社会的な側面でもサポートし、通院費などの経済的な負担を軽くするためのご相談にのります。他に看護師がデイケアでは一緒になりサポートします。


このように、治療がぐっと広がり、その方にあった治療法を行うことができます。これがチーム治療のメリットです。


▲ページのトップへ▲