名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

苦手な身体感覚を克服する練習(パニック障害の治療)

カテゴリー: パニック障害 | 投稿日: 2018-11-21

平成30年10月20日(土)、当院のパニック障害グループ治療の中で、苦手な身体感覚(例えば、ドキドキ、息苦しい感、めまい感、非現実感、吐き気感など)を克服する練習を行いました。

 

◇パニック障害と苦手な身体感覚の関係
パニック障害では、以下のような悪循環が生じることがあります。

このような悪循環から抜け出すために、現在、当院では3ヶ月に1回ペースで身体感覚曝露訓練(参照:苦手な身体感覚を克服する パニック障害の治療)を行っており、意図的に苦手な身体感覚を作り出し、不安が自然に落ち着くことを体験し、苦手な身体感覚が生じても自分は大丈夫であるということを体験的に学んでいきます。

 

       

↑大きめの部屋でスライドを観ながら学びつ、実際にタッフも交えて苦手感覚を再現しまた。

 

今回は、5名の方にご参加いただきました。
参加された方々から、さまざまな感想をお伺いすることができましたので、一部ご紹介させていただきます。(みなさんから、御承諾いただいております。掲載上、分かりやすくするために、一部文言を加筆させていただきました。)

 

 

次回、身体感覚曝露訓練は、平成31年1月頃を予定しております。

パニック障害・嘔吐恐怖等でお困りの方は、ぜひ医師にご相談ください。

 

◇過去のパニック障害、広場恐怖に関するブログ

 

◇パニック障害についての基礎知識(当院ホームページ)

 

◇当院受診ご希望の方は、こちらからどうぞ。

 

←「」前の記事へ  次の記事へ「」→