名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

テーマ 思春期親グループの取り組み

カテゴリー: ひきこもり・不登校 | 投稿日: 2018-10-17

女性の「うつ」と「母親役割」の重荷を軽くしませんか?
30~50代の女性にとって、「家族に関すること」はストレスの原因になっています。

うつや不安障害、不眠で当院を受診される女性には、「母親」という立場の方が多くいらっしゃいます。そのような患者さんの、「母役割」から来る独特の家族の悩みに対して、当院では母親を対象とした集団精神療法(グループ療法)を行っています。家族の問題と向き合い、お母さん自身の物事の捉え方(認知)を変えていくことで、自分と家族に変化が起こってくることがあります。
グループの中では、同じような悩みを抱えているメンバーの中で、自分の悩みを話し、他の参加者の悩みを聞きます。また、家族との適切な距離や、子どもが話したくなる話の聴き方、子どもが受け取りやすい伝え方といったコミュニケーションスキルを一緒に学ぶこともあります。分かりやすく学んでいただくために、カードなどのツールを使うこともあります。

なかでも患者さんたちに人気なのが、このSPトランプです。
SP(サブパーソナリティー)とは、その人の持ち味や個性のこと。
トランプを使うことで、子どもや家族の目先の言葉や態度に振り回されず、客観的に自分と相手を見ることができます。

これまでSPトランプを体験したみなさんからは
「人間関係の解決の糸口を考えられた」
「見失っていた自分と子どものよさを見つめなおすことが出来た」
「自分の嫌いな部分が、自分のすべてではないと考えることが出来た。
悩んでいる息子にも、それがあなたのすべてではないよね、と伝えたら、
息子から珍しく『感謝します』とメールが来た」
といった感想をいただきました。

自分のことを知り、相手のことを理解する。
相手への接し方を工夫する。ひとりではちょっと難しくて苦しい作業です。
そんな作業も、グループの中で仲間と一緒にできるといいですね。

(心理士 野口)