名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

9月3日は睡眠の日

カテゴリー: おしらせ | 投稿日: 2018-08-31

「睡眠の日」をご存知でしょうか?睡眠健康推進機構が2011年に制定し、世界睡眠医学会議(World Association of Sleep Medicine)がWorld Sleep Dayと定めた3月18日を「春の睡眠の日」、日本独自の睡眠の日として「ぐっ(9)すり(3)」の語呂合わせから9月3日を「秋の睡眠の日」としています。
「秋の睡眠の日」の前後である8月27日~9月10日は秋の睡眠健康週間と定められており、こうした機会に日頃の睡眠を振り返るのはいかがでしょうか。

睡眠は、心と身体の健康の維持に欠かせないものでありながら、一方で少なくとも成人の3人に1人は時々不眠になり、10~15%の人は慢性的な不眠に悩まされています。
このような現状を踏まえ、厚生労働省は平成14年度に「健康づくりのための睡眠指針検討会」を開催し、平成15 年3 月に「健康づくりのための睡眠指針~快適な睡眠のための7箇条~」を策定。そして、平成26年3月に、睡眠に関する新しい知見を取り入れた「健康づくりのための睡眠指針2014」を作成し、ホームページ上でも公開しております。

当院では、依存にならない睡眠薬を中心とした薬物療法、薬に頼りきらないで生活習慣についての知識を提供するセミナー、睡眠を含めた生活習慣の改善とストレスへのケアの方法を学ぶグループ治療(ストレスケアグループ)など、不眠に対してそれぞれの方の希望やペースに合わせた治療を行っております。

ところで、皆さんは眠れない時に羊を数えると良い、という話をどこかで耳にされたことはありますか?私も実際に試してみましたが、「羊、羊、羊……」と唱えても、「羊が1匹、羊が2匹……」と数えても、なかなか眠れませんでした。
実は、これはイギリスから伝わってきたと言われており、英語の「sleepスリープ(睡眠)」と「sheepシープ(羊)」の発音がよく似ていること、イギリスでは羊は身近な動物でリラックスのイメージと結びつきやすいこと、そして「sheep(羊)」と言った時に息をしっかりと吐くことが、眠りやすさにつながっていると考えられています。
ですので、無理に羊を数えるのではなく、「シープ、シープ…」と繰り返し唱え、しっかりと息を吐いて呼吸を整えることで、気持ちがリラックスし、眠れない夜に役立つのかもしれません。

(心理士 宮本)