名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

梅雨時とパニック障害の関係

カテゴリー: パニック障害, 認知行動療法 | 投稿日: 2018-06-27

 

 

 

 

6月も後半になりました。朝晩の気温差が激しいことがもちろんのこと、

天気の移り変わりも激しいこの季節、体調を崩しがちになりやすいですよね。

では、皆さんの「体調を崩す」にはどのようなものがあるでしょうか。

頭が痛い、なんだか息苦しい、胸が詰まる感じ、弱い吐き気、軽いめまい、手先が冷たい感じ、顔の火照り、いつもより汗をかきやすい…人によって様々な症状があると思います。

どの症状をとっても不快な感覚だと思いますが、これらは生きている限り時々は体験する自然な体の症状です。

 

しかし、このような不快な体の感覚が、不安感を引き起こす病気があります。

それは、パニック障害と呼ばれる症状です。

パニック障害は、突然パニック発作と呼ばれる体の症状が生じます。この「突然」というのが辛いところで、パニック障害の方は、発作が起きているときには「深刻な病気なのではないか」という不安になり、発作が起きていないときでも「また発作が起きるのではないか?」という不安になる、というとても辛い状態です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※パニック発作一覧

□ 心臓がドキドキする

□  汗をかく

□  体や手足の震え

□  呼吸が早くなる、息苦しい

□  息がつまる

□  胸の痛みまたは不快感

□  吐き気、腹部のいやな感じ

□  めまい、ふらつき、頭が軽くなる、気が遠くなる感じ

□  現実でない感じ、自分が自分でない感じ

□  コントロールを失うことや、気が狂ってしまうのではないかという心配

□  死ぬのではないかと怖くなる

□  しびれやうずき感

□  寒気またはほてり

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

この状態が続くと、パニック障害の方は些細な自身の身体の状態の変化に対して過敏になっていきます。

「息苦しい…過呼吸の前兆かも」

「吐き気がする…このままだと吐いちゃうかも」

「朝からめまいがする…発作になって倒れてしまうかも」

 

本来、動悸や息苦しさといった体の症状は、人間が危険を察知すると生じる自然な体の症状です。

ところが、パニック発作を繰り返すうちにこれが逆転し体の症状を危険なものだと感じるようになってしまいます。

このような、身体症状に過敏になってしまう症状を、身体感覚過敏といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この身体感覚過敏に対して、当院では身体感覚曝露という治療を定期的にグループ療法の中で行っています。

身体感覚曝露は、苦手な身体感覚をわざと引き起こし、体験やグループでの共有を通して、「発作に似た身体感覚が起きても安全である」ことを体験的に学ぶ治療法です。

この治療を通して、身体感覚過敏や不安感から開放されることを願っています。

ご興味のある方は、まずは医師にご相談いただければと存じます。