名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

3月, 2018年

うつ病や不安障害の“お母さん”へ

カテゴリー: グループ療法, ひきこもり・不登校 | 投稿日: 2018-03-19

一般的に、女性にとって、家族のコミュニケーションは、非常に重要と言われています。そして、女性のうつ病や不安障害で、薬物療法だけでなかなか治らない場合、背後に家族の問題がある場合があります。

なかなか改善しないうつ病や不安障害の方で、女性の場合、家族の人間関係が大きく影響していることが多いと言われています。よくよくお話を詳しくお聞きすると、ご家族の問題の中でも、とりわけお子さんの「ひきこもり」や「不登校」でお悩みのようです。

大切なお子さんが「ひきこもり」や「不登校」ときは、それを取り巻く家族(特にお母さん)にとっても、大変、不安でつらい状況です。ところが、ご家族が不安でつらい状況では、さらに問題が悪化し、悪循環となってしまいます。

うつや不安が強くなると、自分のやってきたことに自信が持てなくなったり、自分を責めてしまったり、将来のことをあれこれ考えてしまうことが多くなります。ですから、お母さんは、自分の子育てが悪かったんじゃないかと不安になり、自分を責め、ますます対応に自信が持てなくなってしまいます。
それに加え、ご家族の問題は、人に相談しづらいこともあり、一人で抱え込んでしまったり、混乱してしまい、知らず知らずのうちに問題に巻き込まれてしまうことが多くなります。

このような悪循環の状態から一歩抜け出し、問題解決に取り組むためには、まず、状況を整理し、問題の理解を深め、自分自身が健康を取り戻し、変わっていくことが大切です。

当院では、平成30年3月28日(水)より、「ひきこもり・不登校の家族をもつ親(=自分)のための初期集中プログラム」を行います。このプログラムでは、問題のメカニズム、ポジティブなコミュニケーション、「ひきこもり」や「不登校」に巻き込まれずに、自分自身の生活を豊かにすることなどについて、一緒に学び、考えます。

できるところから一歩ずつ、一緒に始めていきませんか。参加をご希望の方は、一度、医師やスタッフにご相談ください。

(心理士・関口)

苦手な身体感覚を克服する パニック障害の治療

カテゴリー: パニック障害, 認知行動療法 | 投稿日: 2018-03-14

当院のパニック障がいの方に向けたグループ治療では、苦手な状況や身体感覚を段階的に克服する治療を行っています。
H30年1月27日(土)に行ったグループでは、この苦手な身体感覚を克服する治療を中心に行いました。

 

パニック障害の中核的な症状のひとつとして、パニック発作に似た身体症状に過敏になる身体感覚過敏があります。

身体感覚過敏になる流れについて、例を上げると…
あるとき突然理由もなくパニック発作に襲われたとします。

パニック発作では動悸(ドキドキ)、発汗、息苦しい感、窒息感、胸の痛みや不快感、吐き気、めまい、死ぬのでは?という恐怖などを経験します。
その経験の後、日々の生活の中でパニック発作に関連する様々なことに不安になります。

感覚 状況
・発作の時と同じような身体感覚
(ドキドキ、吐き気、熱感など)
↓↓↓

身体感覚に対する不安から
苦手な身体感覚を避けるようになる

・ドキドキしないようにゆっくり歩く
・少しでも吐き気があったら何も食べない
・何も食べない

↓↓↓

活動内容が制限

・前回発作が生じたときと、
似たような場所に行く
 

↓↓↓

場所や空間に対する不安から
苦手な場所・状況を避けるようになる

・旅行を避ける
・電車やバスを避ける

 

↓↓↓

活動範囲が制限

 

苦手な状況や身体感覚を避けることでその場は安心しますが、克服する方法は身につきません。避ける事でさらに不安が強くなることもあります。
当院のグループでは左の身体感覚に対する不安を克服する治療として、身体感覚曝露を行っています。

■ 身体感覚曝露とは?

身体感覚曝露では、意図的に身体感覚を作り出し、不安が自然に落ち着くことを体験して身体感覚が生じても自分は大丈夫であるということを体験的に学びます。そして、最終的に活動内容を制限せずに生活できようになることを目標としています。

当院のパニック障害グループ治療では、定期的に身体感覚曝露を練習する日を設けております。
パニック障害・嘔吐恐怖等でお困りの方は、ぜひ医師にご相談ください。

(心理士 宮本・本田)