名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

冬はうつ病になりやすい?

カテゴリー: うつ病と躁うつ病, 不眠症 | 投稿日: 2017-11-04

前回ブログにて掲載させていただきました、不眠症と同じく、うつ病も季節に応じて症状が変化しやすくなる疾患の1つだと言われています。

秋から冬にかけて多くなるうつ病のことを、季節性うつ病(冬季うつ病)といいます。

症状としては、

○ 憂うつ気分
○ 興味の喪失
○ やる気がなくなる
○ 集中力が続かない
○ 疲れやすい

などの症状や、

○ 過眠
○ 過食

などの症状が出現することがあるといわれています。

また季節性うつ病の原因として、日照時間の減少、住まわれている場所の緯度高さ、遺伝的要因などが関係していると言われています。

不眠症同様、季節の変化に応じて、早めに気づき、早めに治療することが大切です。

また、季節の変化のみならず、うつ病の発症のきっかけは様々です。

例えば、

・自然に抑うつ状態になる場合
・職場の業務過多によるストレス、職場や学校・家族での人間関係などによるストレスを抱えている場合
・認知症や不眠症、脳の病気や糖尿病など疾患を患っている場合

などなど

以前のブログ等もご参照いただき、少しでも「自分に当てはまるかも…」と思われた方で、日常の生活にお困りの方がいらっしゃいましたら、まずは、医療機関にご相談ください。

(参考)
うつ病について
うつ病に関する記事(ブログ)

 

 

(心理士・本田)