名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

認知療法学会・認知行動療法学会に参加しました 後編

カテゴリー: マインドフルネス, 研修・学会, 認知行動療法 | 投稿日: 2017-08-23

マインドフルネス認知療法のワークショップに参加しました

 

前回の記事 : 認知療法学会・認知行動療法学会に参加しました 前編

 

7月23日に新宿のNSスカイカンファレンス開催された「第18回認知療法・認知行動療法研修会(ワークショップ)」に参加しました。

さまざまなテーマのワークショップがありましたが、今回は「マインドフルネス認知療法」のワークショップについて書きたいと思います。

第18回認知療法・認知行動療法研修会
「マインドフルネス認知療法」
講師:佐渡充洋先生(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室)

 

マインドフルネス認知療法は、「意図的に、今この瞬間に、価値判断をすることなく注意を向けること」と定義されるマインドフルネスのエクササイズなどを通して、反すう思考を減らし、抑うつ、不安等の改善を目指します。

ワークショップの始めに、「マインドフルネスでは、“体験知”が重要」というお話がありました。「体験して実感して腹に落ちるもの」だということです。ワークショップでは、参加者自身、下記のような瞑想のエクササイズを体験しました。

  • 座ったままできるヨガのエクササイズ
    手を合わせて上に伸ばしたり、前屈みになるエクササイズをしました。
  • レーズンエクササイズ
    マインドフルネスの代表的なエクササイズです。レーズンを時間をかけてゆっくりと観察し、味わっていきます。
  • ボディスキャン
    体の感覚を観察していくエクササイズです。ワークショップでは時間の都合上短かったのですが、実際のグループ療法では、45分くらいかけてゆっくりやるそうです。
  • 音と思考のマインドフルネス
    先生のガイドに従って、音に注意を向け気づきを広げていき、その後、自分の心に浮かんでくる思考に気づきを移していくエクササイズです。

これらのエクササイズは当院のグループ療法でも行っていますが、より丁寧に、より時間をかけてやっていくというのが印象的でした。

この他、マインドフルネスが行っていることを、注意、認知、情報処理の側面からお話いただいたり、実証研究についてのお話もありました。

また、体験したことをみんなで共有する「シェアリング」についてのお話など、グループ療法でやることの意味や工夫についてもお話がありました。マインドフルネスのエクササイズを1人で続けるのはなかなか難しいので、仲間意識をもって一緒にトレーニングをすることで、マインドフルネスに取り組みやすくなるようです。

全体を通して、とても穏やかな、そしてあっという間の3時間でした。先生方も皆さん優しく、そして誠実に取り組まれている印象を強く受けました。

当院では、金曜日と土曜日に、マインドフルネスのグループ療法を行っています。皆さんと一緒に、エクササイズを通して、今後もマインドフルネスのトレーニングを続けていきたいと思います。ご関心のある方は、医師やスタッフにご相談ください。

(心理士・関口)

関連記事

~物忘れ・うわの空~ グループ療法のご紹介
~物忘れ・うわの空~ グループ療法のご紹介私たちは、毎日、何十万語という考えが頭の中で飛び交いながら生活していると言われています。楽しい内容であれば問題はないのですが、仕事でミスが続くなど、うまくいかないことになると、ご飯を食べている時や人と話をし...
マインドフルネス認知療法の研修に参加しました
マインドフルネス認知療法の研修に参加しました 平成28年12月20日、名古屋市精神保健福祉センターここらぼの認知行動療法研修「マインドフルネス認知療法」の研修に参加しました。 マインドフルネスは、ここ数年、テレビや本、雑誌などでよく取り上げられ...