名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

4月, 2016年

土曜セミナー「 ぐるぐる考え込んでしまうクセ」

カテゴリー: 土曜セミナー | 投稿日: 2016-04-11

土曜セミナー3月26日は「 “ぐるぐる考え込んでしまうクセ”から抜け出そう」を開催しました。

fuan_jyoi

 

■ “考え込む”とは?

私たちは、日頃、様々なことを考えて生活しています。心配なことやうまくいかなかったことについて繰り返し考えてしまうことは、よくある正常なことで、多くの場合は適応的ですですから、“考えること”自体が悪いことではありません。

しかし、私たちは時に、過去のことをぐるぐると考えたり、未来のことを案じたりしますが、問題となるのは「ネガティブなことを繰り返し考える」ことです。こうした、「ネガティブなことを繰り返し考えること」を“考え込み”(“反すう”)といいます。

あ

 

■考え込みは“うつ”や“不安”を強くする

うつ病や不安障害を経験すると、自動的にこうした心のパターンが出てきやすくなります。

考え込み_3

 

■“考え込み”の悪循環

“考え込み”が多いと・・・

  • “考え込み”に時間をとられてしまい、本来やりたいことができない
  • 身動きがとれず、場合によっては苦手な場面を避けてしまい、「大丈夫なんだ」「できるんだ」と思える体験の機会が減ってしまう

c

“考え込み”が少なくなると・・・

  • 本来自分が「やりたいこと」「大切にしたいこと」に向かうことができる
  • 次の行動にうつりやすくなる

(⇒回避が減る⇒成功体験の機会が増える)

d

■“ぐるぐる考え込むクセ”から抜け出すために

セミナーの後半では、

  • 考え方のスタイルを振り返ってみること
  • 考えや思ったことを紙に書き出したり言葉にしてみること
  • 浮かんでくる考えをそのままにしておくこと
  • 注意を“今、ここ”に向けてみること

など、考え込みから抜け出すためのポイントをご紹介しました。

e

少しトレーニングが必要ですが、何か1つでも、日常生活に役に立ちそうなことがあればと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

参加された患者様の声

  • 面白かったです。これからの考え方、気持ちの切り替え方につながるヒントになる事が詰まっていました。さらに詳しく聞きたいと思いました。
  • 考えても変えられない問題の方が、意外と多いのではと思いました。
  • 一番聞きたかった内容なので、参考になりました。今日のお話しの例から、自分なりに合う物を見つけて実行したいです。
  • 今迄は、考えれば考える程、よりよい解決に必ず結びつくと信じていましたが、そうではないと知り、あるがままに流して、今やる事に注意を向ける事にチャレンジしてみたいです。

 

 

土曜セミナー「アサーション適切なノーの伝え方」

カテゴリー: 土曜セミナー | 投稿日: 2016-04-08

土曜セミナー3月19日は「アサーション適切な『ノー』の伝え方」を
開催しました。

■アサーティブなコミュニケーションとは

アサーティブとは、相手を尊重しつつ、自分の意見や要求、感情を率直に、誠実に対等に伝える自分も相手も大切にするコミュニケーションの方法です。

アサーティブな表現ができると、一方的になったり、言葉を飲み込んだりすることなく、「本当に伝えたいこと」が適切に伝わるようになります。

今回は、自分も相手も大切にした断り方のポイントをご紹介します。
断れない事が続く事によって、結果として、以下のようなデメリットが生じてくる可能性があります。

■自分も相手も大切にした断り方の伝え方

こんな時、どうしますか?
例)Aさんが、上司Bさんに飲み会に誘われたが、残業続きで、今日は早く帰ってゆっくり休みたい。

  • 相手に配慮せずに断わると…

「急に言われても無理ですよ、こっちの都合も聞くべきです。」
と、はっきり断る。

対人関係がギクシャクする

  •  断れないと…

相手との関係を悪くしたくないと迷っているうちに「行こうよ。」と押し切られる。

モヤモヤ、イライラが積もる。

体に不調をきたす。うつ病に。

断れないことが続くことで、爆発し、人間関係が壊れてしまう

こんな時には、アサーティブに「ノー」を伝えましょう

  • 相手に配慮しながら、さわやかに断る

「誘っていただき、ありがとうございますでも、今日は家で休みたいので、また別の機会にさせてください。」と、断る。

 

適切に「ノー」を伝えていけるようになるために

「断ってはいけない」という思い込みを点検してみましょう。「ノー」を言うことは、相手を否定することではありません。断りたい事の的を絞り、率直に「ノー」を伝える事で、「相手とより良い関係を築いていく」事ができます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

参加された患者様の声

  • 今回のセミナーを受けて、私が足りないと感じていたものは「伝え方のスキル」だと分かりました。日常生活で気の置けない相手に練習してみようと思います。伝え方のコツを知る事ができて、参加して、とてもよかったです。
  • 断ることに対して不安が出てくるんだと改めて感じました。とても考えさせられる内容でした。
  •  アサーションのポイントがまとめられていて、わかりやすかったです。こんなにもさわやかなスキル…アサーションは、身につけたらすごいだろうなと思います。
  • アサーションの意味と「ノー」と言う伝え方が良くわかりました。ただ、相手が怒りまくるような人なので、なかなか難しいですが、実行できたらと思います。

土曜セミナー「不安について学ぼう」を開催

カテゴリー: 土曜セミナー | 投稿日: 2016-04-06

土曜セミナー3月12日は「不安について学ぼう」を開催しました。講師

■不安との上手な付き合い方

まず、人間の基本的な感情は悲しみ・不安・怒り・喜びの4つがあります。悲しみ・不安・怒りというネガティブな感情は、私たちにストレスを教えてくれるサインです。その中でも今回は不安について取り上げました。

不安とうつの関係

そして、不安を起こす原因は「不安につながるもので、ものの考え方・とらえ方」にあります。過剰な不安をそのままにしておくと自分をせめたり、自己嫌悪といったうつの症状につながることがあります。

一時的に不安を下げる安全保障行動とは?

不安な時の反応として、不安を下げたり不安を隠すための「安全保障行動」と、苦手な状況を避ける「回避」の2つがあります。人間は、不安な場面を避けることなく、平静を装ったりして、無理に明るくふるまうなどの安全保障行動もしなければ、一時的に不安が強くなりますが、しばらくするうちに自然に下がってきます。

当院での不安障害の治療としては、回復に向けてまずは薬物療法からスタートして、段階的に様々なプログラムをご用意しています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

参加された患者様の声

  • 不安の悪循環、安全保障行動、回避をいつもしている自分に気付きました。不安は、ゼロにするのではなく、上手く付き合っていく事の大切さが理解できました。
  • 先生のお話しはわかりやすくて良かったです。私は、今まで安全保障行動ばかりを取っていましたが、これからはやめて様子を見てみます。なんとかなだらかに不安が少なくなっていくことに耐えられればいいなと思いました。
  • 不安は私にとって重要な悩みなので、また聞きに来たいと思います。今までに何度も来て聞いていますが、何回聞いても、ハッとします。