名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

2月, 2016年

視線恐怖の症状について

カテゴリー: 社交不安 | 投稿日: 2016-02-09

当院を受診されている患者さんからの紹介で、平成28年2月3日(水)にNHKのハートネットTVで放送された「視線の恐怖」についての特集を見ましたので、ご紹介したいと思います。

普段あまり意識することのない「視線」。
しかし、その視線が怖くて仕方がないと、日常生活に支障をきたしてしまうのが視線恐怖という症状です。

ハートネットTVでは、その症状について詳しく説明されていました。

~視聴者の方の声~
・意識しても、自分の視線が動くのを止められない。
・前、横、斜め・・・視界に映るすべての人間が怖いです。
・外に出ても人の目ばかりが気になって落ち着かない。
・歩くのも下を向いてしまうし、人の目もまともに見られなくなりました。
視線恐怖には、さまざまな「視線の恐怖」があります。

1.他者視線恐怖:他人の視線について不安を感じる。
2.自己視線恐怖:自分の視線について不安を感じる。
3.脇見恐怖:視界に入る人や物を見てしまうことに不安を感じる。
これらは、不安障害という精神疾患の一つである「社交不安障害」に分類され、他にも自己臭恐怖、会食恐怖、電話恐怖、赤面恐怖、スピーチ恐怖、発汗恐怖などがあります。

不安や恐怖という感情は人間が生きていく上で、とても大事なものですが、あまりにそれが大きくなりすぎると病気という症状になってきます。

番組の中で紹介されたような症状でお困りの方に、少しでもサポートできればと改めて感じました。

当院では、社交不安障害の認知行動療法を行っており、今回のような内容について患者様からの情報をいただきながら、日々勉強をさせてもらっております。

※ ハートネットTV:「視線の恐怖」平成28年2月10日(水)午後1時05分~Eテレにて再放送されますので、関心のある方はぜひご覧ください。