名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

10月, 2014年

問題解決のコツ!~SMART(スマート)ゴール~

カテゴリー: 問題解決グループ | 投稿日: 2014-10-31

問題を解決していく上で、現実的で具体的な目標を立てることが大切です。
とはいっても、いざ目標を立てようと思うと、漠然としてしまいやすいものです。
 
そこで役立つのが、“SMART(スマート)ゴール”です。
“SMART”は次に挙げた英単語の頭文字をとったもので、
目標を立てる際のチェック項目になります。

Specific:テーマや表現は具体的になっていますか?
Measurable:達成できたかを測定できますか?
Achievable:現実的に達成可能なものですか?
Result-based:達成したい「成果」に基づいていますか?
Time-oriented:いつまでに達成するか決まっていますか?
 
例えば…
●「部屋をきれいにする」
⇒「今月末まで、毎日30分リビングの片づけを行う」
●「夫に自分の話を聞いてもらいたい」
⇒「今週中に、自分が心配に思っている事について、夫と話をする」
●「家で仕事の事を考えないようにする」
⇒「今週、仕事から帰った後に、家でリラックスできる事を一日30分行う」
どうでしょうか?
後者の方がSMARTな目標になっていますね。
 
このように、現実的で具体的な目標設定をすることで、解決策を考えやすくなり、行動を起こしやすくなります。

問題解決グループ
http://www.mentalclinic.com/group/#problem_solving_group_description

あがり症と社交不安障害

カテゴリー: 社交不安, 社会不安障害 | 投稿日: 2014-10-29

「あがり症」という言葉、どこかで聞かれたことがある方は多いのではないでしょうか。
 
「あがり症」は、人前で発表する場面などで緊張や不安が強くなり、時に話せなくなってしまったり、顔が赤くなってしまったりすることです。
 
そもそも、人前で「あがる」ということは、多くの人が経験する自然なことです。こうした緊張や不安があるから、準備をしたり、より良くするための努力ができるのです。
 
しかし、あがり症が重症化すると、日常生活に支障をきたします。例えば、電話に出られない、挨拶ができない、ひどくなると、外出が困難な状態になってしまうこともあります。こうして、日常生活や社会生活に支障をきたす状態は、「社会不安障害」と言えます。
 
といっても、“ここからは社会不安障害”という一律の明確な基準を設定することは難しく、その方の日常生活を考慮した診断が必要になります。
 

あがり症は性格だと思われている方が多いようですが、こちらのページ(ブログ:社交不安障害、症状はさまざまをリンク)にもあるように、程度によっては、治療が必要な病気であり、しっかり治療をすればとても良くなるということを知っておいていただくことが重要です。

社交不安障害について
http://www.mentalclinic.com/sad/

社交不安障害、症状はさまざま

カテゴリー: 社交不安, 社会不安障害 | 投稿日: 2014-10-20

社交不安障害(社会不安障害、SAD)は、人からの評価が過剰に気になってしまう病気です。

しかし、一言に社交不安障害といっても、症状は人によってさまざまです。今日はその一部について紹介します。

     

  • 人前で話すときに緊張する

    職場の会議や朝礼、PTAの集まりなどで発言する際に、言葉につまってしまったり、声や体が震えてしまうのが気になる

  • 職場や近所の人との雑談が苦手

    決まったことを話すのはいいが、雑談は何を話せばいいか分からなくなってしまい緊張する

  • 電話に出るのが怖い

    職場等で電話の応対をする際に、電話の相手や周りの人に変に思われないか不安になる

  • 人前で字を書くときに手が震える

    記帳やサインなど、人前で字を書くことに緊張し、手に力が入って震えてしまう

  • 他人に見られている感じがして怖い

    いつも否定的に見られているように感じ、他人の目に自分がどう映っているのか気になってしまう

  • 人と一緒に食事をするのが怖い

    食べ方が汚いと思われないか気になったり、全部残さず食べられないと不安になる

 
上記のような症状で、だんだん人と接するのが億劫になったり、自分のことを責めてしまい、自己嫌悪に陥ってしまいます。
また、不安が強いあまり、「逃げてしまいたい」という気持ちも強くなり、そんな自分に、さらに自信をなくしてしまうのです。

しかし、社会不安障害は、「あがり症」「心配性」など性格の問題だと、治療をあきらめてしまうことも多いのが現状です。

当院に来院される方にも、学生の頃から、学校の授業などで緊張が強かったと話される方がたくさんおられます。
みなさん、「性格だと思っていた」と話されます。

社会不安障害は、きちんと治療をすればとても良くなる病気です。治療では、まず、薬物療法を行います。

また、必要な方には、認知行動療法などの精神療法が用いられます。もし、気になる症状がある方は、一度医師にご相談されることをおすすめします。

社交不安障害について
http://www.mentalclinic.com/sad/

復職に向けて一歩ずつ進む

カテゴリー: 復職支援プログラム | 投稿日: 2014-10-17

Bさん(20代・女性)のケース

短大を卒業し、経理の仕事に就いたBさん。
周囲との関係も良く、仕事にやりがいを感じていましたが、ある日上司から「営業に異動するように」と言われました。

 

経理部と違って営業部はピリピリしたムードで、上司も厳しい人で分からないことがあっても質問や相談をすることができず、全く経験のないBさんは怒られてばかり。家に帰っても仕事のことが頭から離れず、頭痛や吐き気がするようになりました。

 

内科に行って検査をしても「異常なし」と言われましたが、休日も頭痛や吐き気が続いたため、家族に相談して、当院を受診されました。

最初は通院しながら仕事を続けていましたが、仕事のストレスが強くなる一方だったため、医師と相談し、休職することになりました。

 

いきなりリワークプログラムに参加するのは不安だったため、まずは週1回ストレス対処を学ぶ「ストレスケアグループ」に2ヶ月間参加し、自分がこれまで抱えていたストレスを理解しストレスと上手に付き合う方法を学んだ後、リワークプログラムに参加し、復職に向けて、コミュニケーションについて学ぶプログラムと作業能力を高めるオフィスワークのプログラムに参加されています。

 

「今はまだ体力的に疲れやすいので、週2日だけプログラムに参加しています。周りのメンバーさんとも色々お話しできるようになってきたし、だいぶ慣れてきたので、来月からは週4日プログラムに参加できるように頑張りたいです」と明るい表情で話されています。

 

このように、いきなりリワークプログラムに参加するのはハードルが高いと感じている方に対しても、まずは週1回、半日のプログラムから始めることもできます。

復職支援のページ
http://www.mentalclinic.com/program/

問題を整理しよう~悩みから抜け出すための第一歩~

カテゴリー: 問題解決グループ | 投稿日: 2014-10-14

「問題解決」には、次の5つのステップがあります。

  1. 問題の整理
  2. 現実的目標設定
  3. 解決策の作成
  4. 実行可能な解決策の選択
  5. 解決策の実行と結果の評価

これを順に取り組んでいくことで、“こうありたい自分”に近づくことができ、こころの負担が少しずつ軽くなります。

では、あなたが今、解決したい問題は何でしょうか?

実は、私たちが悩みからなかなか抜け出せないでいる時には、何が問題なのかが分からなくなっている事が多いものです。
そのため、「問題の整理」が大変重要になります。

ここで大切なのは、頭の中で考えるのではなく、書き出して客観的に問題を把握するという事です。
例えば…

ここ一週間ずっと憂鬱でつらい

これは大きな問題なので、小さく砕いてみましょう。

  • 朝起きられない
  • 夜なかなか寝付けない
  • 今月に異動した新しい部署での仕事をなかなか覚えられない
  • 夕食の献立を考えられない
  • 夫が自分の話を聞いてくれない
  • 子供が受験生なのにゲームばかりしていて心配
  • 部屋が散らかっているのに片付けられない
  • 休日なのに仕事の事を考えてしまってリラックスできない

どうですか?
こうしてみると、何に困っているのかが分かりやすくなりますね。
これが悩みから抜け出すための第一歩となります。

当院では、「問題解決」をグループ療法で行っています。

不安や焦り、抑うつといった気分や状態の中、自分ひとりで大きな問題を小さく砕いて整理するのは、なかなか難しいものです。
グループで一緒に取り組んでみませんか?

問題解決グループ
http://www.mentalclinic.com/group/#problem_solving_group_description

« Older Entries