名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

4月, 2013年

認知症に関する研修会に参加してきました

カテゴリー: 研修・学会 | 投稿日: 2013-04-27

4月頭に行われた、2回の認知症の研修会に参加してきました。

 

①4月3日(水) 「認知症患者の治療とケアを考える」

内容

・一般演題

座長:みつばクリニック 院長 野村博彦 先生

演者:藤田保健衛生大学 精神神経科学講座 客員助教

桶狭間病院藤田こころケアセンター 精神科   目片隆弘 先生

『ラメルテオンの使用経験について~高齢者不眠症例から認知症合併例まで~』

 

・特別講演

座長:国立長寿医療研究センター 在宅連携医療部長 三浦久幸 先生

演者:国立長寿医療研究センター 行動・心理療法部長 服部英幸 先生

『認知症の精神症状と行動異常(BPSD)の対応』

 

②4月6日(土) 「認知症地域連携懇話会」

内容

・特別講演

座長:名古屋掖済会病院 神経内科部長 落合淳 先生

演者:国立長寿医療研究センター 脳機能診療部長 鷲見幸彦 先生

『認知症の人を外来で診る―認知症地域連携の理想と問題点―』

 

 

認知症にかかる方の数は年々増加しており、3年後には4.5世帯に1人認知症の方がいると言われています。

認知症の症状には、記憶障害などの良く知られている症状の他に、気分の落ち込みや興奮しやすさといった心理・行動面での症状があります。認知症にかかってから5年以内にはほとんどの人が何らかの症状を示すとされており、誰もが可能性があります。

こういった症状が出始めた時の、初期対応をまとめたガイドラインの本も出版されています。

 

著者:服部英幸  出版社:ライフサイエンス社

『BPSD 初期対応ガイドライン―介護施設、一般病院での認知症対応に明日から役立つ』

 

患者様の状態に合わせた対応を考えることができるようになっています。その対応の結果が良ければそれを続け、場合によっては専門機関との連携を取ることで、患者様に適切な対応していきます。

 

認知症の患者様の治療の基本は、①症状を抑える薬を飲むこと、②環境調整、の2つです。お薬については、つい飲み忘れてしまうということが無いよう、ご家族と協力しながら続けていただくのが良いでしょう。また、症状が周囲の音などの環境が原因で生じている場合もありますので、ご本人やご家族、ケア施設の職員などから話を聞き、必要に応じて環境調整をしていきます。

 

また、できていない部分ばかりに目を向けるのではなく、できている部分、支障なくこなせている部分を共有していくことも大事なポイントです。自分でもできる部分があるんだ、体験を積んでいただくことで、毎日の活力にもつながっていきます。

 

認知症の行動・心理面の症状は誰もが直面する可能性があること、適切な初期対応が重要であることなど、非常に勉強になりました。