名古屋市/心療内科/精神科/うつ病/不安障害/瑞穂区/昭和区/天白区/南区/緑区/熱田区/日進市/中区/パニック障害/摂食障害/あらたまこころのクリニック

心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

できるだけ薬に頼らない治療。あらたまこころのクリニックオフィシャルブログ

11月, 2012年

不安障害 Up to dateセミナー

カテゴリー: 研修・学会 | 投稿日: 2012-11-19

10月27日(土)

メルパルク名古屋にて行われた「不安障害 Up to date セミナー」に参加してきました。

 

 

【概要】

座長:医療法人和心会 あらたまこころのクリニック院長 加藤正

症例発表:「パニック障害の身体感覚過敏と薬物療法」 

名古屋市立大学大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野 近藤真前先生

特別講演:「不安障害の最新エビデンス:診断から治療まで」

名古屋市立大学大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野 渡辺範雄先生

 

近藤先生の発表では、パニック障害について、患者さんの抱えている「身体感覚への不安」と、そのため治療の中で病気や薬についてどのように説明をしていくことが必要か、ということを、先生ご自身の経験を通して話していただきました。

 渡辺先生の講演では、パニック障害、社交不安障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害、全般性不安障害といった不安障害それぞれについて、疫学、認知行動モデル、予後、精神療法と薬物療法の効果などについて、エビデンスに基づいて丁寧にお話ししていただきました。

 不安障害の予後(病気の回復時期や、その見込み)については、社交不安障害の10年後の寛解率(日常生活を支障なく送れるまで症状が改善される率)は約3割だが、再燃率(症状が再発する率)も約3割と低く、パニック障害の10年後の寛解率は約8割と高いが、再燃率も約5割と比較的高いなど、疾病ごとに、予後と寛解率の傾向が異なることが紹介されています。

 

また、2013年に発表される予定のDSM-Ⅴは、以下の点が変更になるとのことです。

・不安障害が、「不安障害」「強迫性とそれに関連する障害」「精神的外傷とストレッサー関連の障害」の3つに分類。

・これまで独立していた「適応障害」が、「精神的外傷とストレッサー関連の障害」に分類。

・「不安障害」に属していた強迫性障害が、「強迫性とそれに関連する障害」に分類。

 

不安障害は、生涯有病率(一生のうちにその病気にかかる人の割合)が3割弱と言われている、とても身近な病気です。新しい情報の収集、分かりやすい伝え方など、さらに勉強を重ねていかなければいけないと改めて感じる講演でした。

職場の環境がうつの原因に…

カテゴリー: うつ病と躁うつ病, 院長のつぶやき | 投稿日: 2012-11-05

職場結合型うつ

仕事で、ストレスの多い役割を担い、忙しく、長時間労働を強いられる、そのため、心身が疲弊し、うつ病を発症する。そういったうつ病を、職場の仕事に結合したうつ病という意味で、「職場結合性うつ病」と名付けられました。
仕事をバリバリとこなし、仕事中毒といわれる…… その背景には、「1回負けたら終わりの滑り台社会があり、イヤでも今の仕事に結合しなければいけない、という事情がある」という専門家もいます。
リーマンショック以降、「うつ病」は、大きな問題に…

昔は、企業は終身雇用制・年功序列の賃金体系をとっており、ほとんどが正社員で構成され、企業全体が一体感を持っていました。しかし現在は業績主義で、失敗をすれば、給料が下がったり、リストラされるという不安につねに怯えなければいけません。そういった精神的肉体的ストレスの中で働き続けるという環境が、うつ病患者を増やす一因となっているというのです。
誰でもなる可能性がある

従来のうつ病は、秩序、几帳面、律儀、生真面目、融通が利かないなどの特徴を持つ「メランコリー親和型」という性格の人がなりやすいといわれていました。しかし、この最近増えてきた職場結合型うつ病では、職場自体が徹底的な能率主義をとっているため、個人の性格に関わらずうつ病が発症する結果となっています。つまり、どんな人も、疲れ果てるまで働かざるを得ない環境こそが、この現代における大きな問題なのでしょう。
「職場結合性うつ病」は誰でもかかる可能性があります。気分が落ち込むことが多かったり、食欲がなくなったり、また、体の痛みなどの症状など、少しでも気になることがあれば、ご相談ください